新刊

分身トゥルパをつくって次元を超える

秘教の体系と神秘体験から見出した不死の身体とは

分身トゥルパをつくって次元を超える

死を超克するための究極のメソッド“分身トゥルパ”の秘密、即身仏の謎がいま解かれる!

著者 松村 潔
ジャンル 宇宙論
ライト・スピリチュアル
ライト・スピリチュアル > 日本人著者
出版年月日 2018/05/15
ISBN 9784864512695
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体1,850円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

チベットでは分身のことを「トゥルパ」と呼びます。それはエーテル体の身体のことであり、肉体と異なり何百年も生き続ける身体。この分身を作るには、強烈な感情体の力が必要ですが、 いったい、どうすればそれは可能なのでしょうか?ここに神秘哲学研究の第一人者、松村潔が辿りついた究極のメソッドがあります。
トゥルパとは何か

分身を作る/コーヌコピアの形になる窓/
サビアンシンボルとアカシックレコード/
主客と二極化/皮膚の牢獄/
トゥルパとは何か/イマジナリーフレンド/
天を覆う無数の身体

縦波と二極化

クンダリニ/両方にまたがって知覚する/
陰陽化することで意識は働く/縦波の存在/
松果腺は単性的性質/六つの方向圧力/
二つのうちの一つになりきる/
この世界に何一つ期待しないということ/
柔らかい壁と固い壁

達磨、空海、即身仏

達磨大師の陽神づくり/体内トゥルパ/
内のものが外に、外のものが内に/
妄想は真実のビジョンに乗っ取られる/
小周天から大周天へ/少しずつ死んでいくということ/
わたしの父親のこと/杖としてのミイラ

エーテルの網

分身を作り息を吹き込む体外離脱の方法/
体外離脱用分身からトゥルパへ/宇宙の植物網/
宇宙ステーションのリリス/天国の網をつたう/
エーテル体につながるのは奈落に落ちるよう/感覚/
物質世界に関心を抱いたアストラル体/
トゥルパとしてのかぐや姫/十五夜とは何か/
地球の記憶と構成の記憶/
エーテル体をちぎって餅にする/
カフナのバイロケーション

タロットとトゥルパ

三種類の暗闇/教科書としてのタロットカード/
一方的に流れる時間を止める/
ザリガニと吠える犬/時間を越える審判のカード/
成長するザリガニ/回転しながら上昇するということ/
魂と魄

赤い靴

異物を混ぜる/春夏秋冬と朔望月/
部屋をあらためて作る/樽に漬けられた母親/
マカバ/アニムスとアニマ/
黒い男とアニムス/異人さんとしてのトゥルパ

ご注文

1,850円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧