新刊

ぼくはのっぽの大リーガーだった

前世記憶をもつ野球少年の、真実の物語

ぼくはのっぽの大リーガーだった

ハリウッド映画化、決定!野球史に残る大リーガーの記憶を持つ息子が語った衝撃の真実と家族に起きた奇跡。

著者 キャシー・バード
釘宮 律子
ジャンル ライト・スピリチュアル
ライト・スピリチュアル > 海外著者
出版年月日 2018/07/07
ISBN 9784864512732
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

ハリウッド映画化、決定!
2歳の息子が、野球史に残る大リーガーの史実を語りはじめた
家族に起こった奇跡を母親が丁寧に書き下ろした、衝撃の実話!
ブライアン・ワイス医学博士(『前世療法』著者)、
MLB野球殿堂入り監督トミー・ラソーダ氏、推薦!


幼い息子が前世で野球選手だったことを語りだした・・・、
母はその内容を理解しようとして、奇跡のような旅を歩んでゆく。

わずか2歳という年齢で、野球少年クリスチャン・ハープトは、
1920年代から30年代にかけて、野球選手だった記憶を鮮明に語りだします。
全国を鉄道で旅したことから、ベーブ・ルースとの激しい対立まで、
アメリカの英雄であり、大リーグの殿堂入りしたルー・ゲーリッグの人生について、
当時の少年には知りえないことを、史実どおりに話しだしたのです。

母キャシーは、息子が明かす事実に動揺しながらも聖なる旅に乗り出し、
そこで得た発見により、それまで信じてきたことや信仰が揺り動かされ、
死生観が変わっていきます。

思わず引きこまれてしまうほどの心温まる回顧録をとおして、
キャシー・バードは自身の稀有な体験や、大いなる神秘への答えから、
強くつながりあう魂たちが人生において、どう癒されていくかの物語を伝えています。
愛は決して死なないと、懐疑論者さえも考えさせる一冊です。

これは輪廻転生についての本であり、
子供の言うことに深く耳を傾けて信頼することを学ぶ本であり、
野球の本であり、そして宇宙が私たちの意識を拡大させるべく、
いかにいろいろなことを絶えず手配し、起こしているかについての本でもあります。


「知的でユーモラス、そしてスピリチュアルな洞察に溢れる素晴らしい本。
私が出合った中で最高に変容力があり、考えさせられる一冊」
ジャック・キャンフィールド
ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー1位、
『こころのチキンスープ』(ダイヤモンド社)シリーズ共著者

「愛する人とのつながりは肉体の死で終わることはないと、母と息子の素晴らしい物語が実証する。
永遠なる愛の絆は私たちの魂を幾度も引きあわせ、人生におけるより豊かな目的意識へと導くのだ」(「はじめに」より)
エベン・アレクサンダー
脳神経外科医、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー1位、
『プルーフ・オブ・ヘヴン』(早川書房)著者

「キャシー・バードが綴る幼い息子の過去生記憶は、読者の心を圧倒的に引きつける。
彼女自身の過去生退行についても語られ、過去生における母と息子の関係が明かされる。
本書は過去生記憶の神秘とパワーを体験する、胸躍る旅だ。とくにお薦めの一冊」
ブライアン・ワイス医学博士
ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー
『前世療法』(PHP研究所)著者

「野球への愛と天性の才能を兼ねそろえた少年にまつわる、心奪われる物語。
しかし何よりも、母の愛がいかにして理屈に挑み、山をも動かすかについての物語だ。
キャシー・バードは凄い野球ママで、すべての子供たちの真の代弁者である」
トミー・ラソーダ
(アメリカ野球殿堂入り元ドジャース監督)

「魅力的で魂がこもっていて、とにかく楽しめる回顧録。
あなたの死生観を変容させるパワーがある」
ジョン・グレイ博士
ニューヨーク・タイムズ紙における空前の恋愛関係ベストセラー作家、
『ベスト・パートナーになるために――男は火星から、女は金星からやってきた』(三笠書房)著者

ご注文

2,000円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧