【太玄社】張明彦先生の書籍3点、電子版リリース!




『仙道房中術の悟り』kindle版(張 明彦 著)

価格:1,296円(税込)

張明彦先生の日本語書籍第1弾。本書のテーマ「性愛と養生の知恵」とは仙道で房中術と呼ばれます。小説という形を借りて、築基法、交接法、小周天、温養、採薬といった実際の仙道修練の技法と、「男女双習(陰陽双習)」における秘法のすべてを学ぶことができます。

Kindle版はこちら
https://amzn.to/2C8K4WV




『チベット密教の秘密と秘法』kindle版(張 明彦 著)
価格:1,350円(税込)

チベット密教の教義、そして性的ヨーガを含む秘技の全貌を一挙公開、死から次の生を得るまで、魂魄がたどる四十九日の旅を詳らかにしています。
秘儀的ヨーガ、タントラ、秘術の根源とされる「ナーローパ六法」、幽体離脱、生前の解脱など、さまざまな秘術について詳説。

Kindle版はこちら
https://amzn.to/2ywBJJi





『仙道双修の秘法』kindle版(張 明彦 著)

価格:1,296円(税込)

男女双修術の決定版です。今に活かす古代中国の男女性愛長寿法を説明、生前の快楽と死後の平安という、人生最大の問題に答えています。
「・・「性功」とは人間の悟性を修めるもので、「命功」とは身体の健康と長寿を修めるのが目的です。この二つを修めることを主眼としたのが「性命双修」(性と命の両方を修めること)です。そして「男女双修」の技法は、宗教における道徳心という問題から「性命双修」と強く結びつくことになるのです」


Kindle版はこちら
https://amzn.to/2yyQrzA

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加