『 書籍案内 』 『 2014年1月 』現在

書籍案内の検索は「2つ」までキーワードを組み合わせて検索が可能です。必ず「全角スペース」で区切って検索下さいませ。

asyuta

トーマス・バイロン 英訳
福間 巌 翻訳

本体1,800円+税

2009年5月12日

ISBN:978-4903821436

誰によって、いつ書かれたかは定かではないが 時を経て愛され、読みつがれてきたアシュターヴァクラ・ギーター アドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)の教えの神髄をシンプルに表した もっとも純粋な聖典。
ラマナ・マハルシ、ラーマクリシュナ、ヴィヴェーカーナンダ、 ニーム・カロリ・ババ・・・古来より、インドの聖賢すべてに愛され、 賛嘆され、語り継がれてきた真我探求のための聖典。


tamashiinoai

サネヤ・ロウマン 著
佐藤京子 訳
髙木悠鼓 監訳

定価 2,730円
(本体2,600円+税)

2009年4月29日

ISBN:978-4903821375

「あなたはこれからこの本を通して、変容への旅を体験することになります。自分自身の魂と出会い、魂が愛するように愛することを学ぶという素晴らしい冒険に、今まさに出発しようとしているのです。本書を読み進め、魂の愛と叡智に自分自身をオープンにしていくにつれて、数々の素晴らしい変化が起こってきます」


axio

アダマ&ハキラ 著
日高播希人 訳

本体3,330円+税

2009年3月31日

ISBN:978-4903821429

本書は、魂の外科医、アダマ&ハキラによって編み出された、新しい時代の画期的なエネルギー・ワークであるアクシオトーナル・アライメントの手法と手順を、レベル1からレベル2にわたり、アダマ&ハキラ自身がDVD映像と音声により、具体的に解説した初のDVDブックです。


rimember

スティーブ・ロウザー&
ザ・グループ 著
浦山剛 訳

本体2,700円+税

2009年2月26日

ISBN:978-4903821382

人類が宇宙の深遠な真理へと進化するための情報やエンパワーメントに関するメッセージなど、自分自身の真のパワーを思い出し、人生のあらゆる領域でその光を輝かせ、ライトワーカーへのための情報を多数紹介しています。


tarodepari

J・フィリップ・トーマス 著
三木 直子 訳

本体4,500円+税

2009年2月19日

ISBN:978-4903821344

20年の歳月を費やし完成された『タロー・デ・パリ』は、世界で最も美しい都市から得たインスピレーションにより生まれた、非常に明確な洞察力を持つタロットカードの傑作です。
『タロー・デ・パリ』は、タロットカード・ファンだけでなく、光の都パリに特別な想いを持つ全ての方の心を動かす魅力のあるカードです。


matthewsbook

スザンヌ・ワード著
森田玄 きくちゆみ訳

本体1,500円+税

2008年11月25日

ISBN:978-4903821351

マシュー・ワード君は1980年に交通事故に遭い息を引き取りました。17歳の若さでした。 14年後、マシューは、母スザンヌとテレパシー交信を始めました。この本は、「マシュー・ブック」(1巻~4巻、日本語版は『天国の真実』というタイトルでナチュラルスピリットより刊行)の刊行後に、WEB上に発表されたメッセージをまとめた最新メッセージです。 森田玄さんのブログで好評だったものを書籍化しました。


serpent_of_light

ドランヴァロ・メルキゼデク 著
日高播希人 訳

本体2,780円+税

2008年11月6日

ISBN:978-4903821337

2万6000年サイクルにおいて、地球のクンダリーニである「サーペント・オブ・ライト(光の蛇)」が1万3000年ぶりにチベットからチリへ移動しました。
融合意グリッド、ユカタンと八つの神殿、クリスタル・スカル、メディスン・ホイール、マヤ、インカなどの話題満載です!


9784903821306.PT01

ドン・エルキンズ、
カーラ・L・ルカート、
ジェームズ・マッカーティ 著
紫上はとる 訳

本体2,780円+税

2008年8月8日

ISBN:978-4903821306

「ラー」とは、 おおよそ一万一〇〇〇年前に地球に訪れた生命体。 惑星連合、オリオン・グループ、火星からの入植、 アトランティス、ムー、古代エジプト、イースター島、 ワンダラー、輪廻転生、アセンション、チャクラ、 ヒーリング等々……二十六回におよぶ 実験的なセッションの録音を正確に書き起こした。

majikalchaild

山田孝男 著

本体2,450円+税

2008年7月

ISBN:978-4903821139

生き方を模索して悩み、ついには真理探究のためにインドへ渡り、ようやく得た「真理とは何か」という覚醒体験を生々しく描写しています。


真理探究の道を歩む人、山田孝男氏を敬愛する人にお勧めの1冊です。