『 雑誌スターピープル 』 『 2014年1月 』現在

スターピープル
Vol.35
SP34_h1-h4out

本体1,500円+税

◆完売しました◆

【創刊10周年記念号】


特集「スターピープルたちの使命と役割」
『スターピープル』は、おかげさまで創刊10周年を迎えました。記念号となるVol.35は、『StarPeople』による、「スターピープル」特集です。「スターピープルたちの使命と役割」と題して、彼らの地球への来訪目的と任務、スターピープルの系統図、自分がスターピープルかどうかがわかる、スターピープル・チェック表、そして、宇宙人類史年表など、スタピならではの情報&インタビュー満載です。


☆付録☆ 人気スピリチュアリスト 大川知乃さんの「ご神気入りカード」


富士山マガジンでデジタル版 発売中 定価980円


SP34

本体1,500円+税

特集「エノクとは何者か?
-エノクを通じて天界とアセンションを知る-」
旧約聖書で唯一、死を経験しなかった人物である「エノク」に迫ります。人類をアセンションに導く書といわれている『エノクの鍵』の著者であるJ.J.ハータック博士へのインタビューや、旧約聖書『エノク書』の概要、『生命の木』とエノクとメタトロンとの関係など、エノクを通して高次世界とアセンションを読み解きます。


特別企画
「スターピープル流スピリチュアル・ウォーク」
-ニューヨーク・沖縄・東銀座-

ニューヨーク編では、観光スポットから穴場まで、スピリチュアリティに溢れる場所をご紹介。沖縄編では、霊能者の小松賢次さんに霊視で選定していただいた、真のパワースポットをご紹介。そしてナチュラルスピリットがある東銀座は、実はスピリチュアルな街だった?


SP33

本体1,500円+税

「恩寵なしに人は生きれないのか」


第1特集:
「人は恩寵なしには生きられないのか!?
―明け渡し、あるいは他力の真実」
インドの覚者バルセカール、アメリカの覚者デヴィッド・R・ホーキンズ、フランスの哲学者シモーヌ・ヴェイユなど、さまざまな立場の方々のインタビューをし、「恩寵(グレース)」の可能性と「他力」について探っていきます。


第2特集:「空海のスピリチュアルを読み解く」
空海のスピリチュアルの核心と歴史的な意義について、いまなお多くの人に親しまれているスピリチュアル界のスーパースター・空海を、多角的な視点から明らかにしていきます。 ほか、エリック・パール×本田健の特別対談など。


SP32s

本体1,500円+税

「DNAアクティベーション
―人類の進化を握る―」


第1特集:『DNAアクティベーション』
これからのエネルギー・ヒーリングには、DNAの活性化という視点がどうしても必要になってくるのかもしれません。いったい、DNAアクティベーションとは何なのでしょうか?魂がミトコンドリアに宿っているとしたら、DNAはなにを我々にもたらしてくれるのか。また、使われていないコードが目覚めた時に何がおこるのか。様々なライトワーカーをはじめとする方々に 語ってもらっています。


ミニ第2特集:『マヤン・オラクル』
神や宇宙とつながるためのツールとしてのカード。深い光の言語がコード化され、今起こっている地球の変化をナビゲーションするためのロードマップ。


SP31s

本体1,500円+税

「NOMINDで生きる
―無我的生き方のススメ―」


人の苦しみの大半は思念(マインド)からきており、そして自我は思念(マインド)から成り立っている。もし思念(マインド)が無くなれば苦しみは終了し、宇宙の根源と一つになって生きられるようになる――これ(ノーマインド)が仏教のみならず、あらゆる宗教の根本的な教え。今回の特集では、現代のノーマインドで生きている人たちや、伝統的な思想などを紹介しながら、「ノーマインドで生きるとは何か」を紐解いて行きます。


特集以外にも様々なインタビューやレポート記事が満載! 『陰陽師』で知られる漫画家・岡野玲子氏のインタビュー、意識体エクトンとミュージシャン・SUGIZO氏のインタビュー、関西の方必見、神の手を持つヒーラーも登場します。


SP30

本体1,500円+税

「不老不死の可能性を探る。
―スピリチュアルとの相関性―」


人類の永年の夢である不老不死。 スピリチュアル的には、霊魂は不死だといわれており、 アセンションの説では、この肉体が霊化していき (ライトボディ化していき)、 不老不死になるといわれています。


また、古来から探求者たちが課題として取り組んだ 「不老不死」も、現代では医学や遺伝子科学の発達により、 「肉体レベルでの不老不死」について、 科学的に解明されつつあるようです。


今号では、スピリチュアルと不老不死との相関性をテーマに、医学者、科学者、哲学者、宗教家など、 様々な分野の大家たちが取り組んできた 「不老不死の可能性」について 迫っていきます。


SP29

本体1,500円+税

「ニューエイジvs.スピリチュアル
―統合を目指して―」


今はやりの「スピリチュアル」。そして、現代のスピリチュアルな潮流を作ってきた「ニューエイジ」それぞれを「対比」することによって、それぞれの特徴を浮かび上がらせ、明確にすることで、 より総合的で統合されたスピリチュアルなあり方、 生き方を読者の皆様にご提供したいと企画いたしました。


今号では、日本を代表する大学教授のアカデミックな見地から、スピリチュアルリズムのトップの方々にご登場いただき、様々な視点からご考察頂いております。


「スピリチュアル」や「ニューエイジ」について、今までの「何となく感」から、よりクリアなものにしていただき、 皆様の「スピリチュアル・ライフ」のご参考になるよう非常に濃い内容でご紹介しております。


SP28

本体1,500円+税

第一特集「不況時代を生き抜くためのスピリチュアルなお金の視点」
―利己的でないお金のあり方を求めて―


世界的な不況の今、お金のことを知り、お金との関係をもう一度見直してみましょう。 基本はお金も「利他」です。ベストセラー作家の本田健氏、斎藤一人さんの教えを受けた小俣貫太氏、ロスチャイルドと金融のしくみを斬る安部芳裕氏、「マネー・マチュリティ」のジョージ・キンダー氏、プラウトの提唱者で霊的覚者P・R・サーカー、谷崎テトラ氏、髙木悠鼓氏、ダスカロスなど豪華な顔ぶれで、お金の正体に迫ります。


第二特集
「神聖舞踏 ―全体への回帰―」

聖人メヴラーナの子孫へインタビューしたトルコ・スーフィーをはじめ、グルジェフ、日本の巫女舞、ハワイの古典フラ、ケルトに伝わる神聖舞踏など、世界中の聖なる舞踏や儀式を美しい写真と共にご紹介します。


sp27

本体1,500円+税

第一特集
「惑星連合・アセンション・2012年
―収穫のとき―」


いよいよ2012年が近づいてきましたが、一体アセンションは来るのでしょうか?惑星連合からのメッセージから始まったアセンション情報。 『ラー文書』『マシュー・ブック』その他の情報をもとに、アセンションや話題の2012年について、数々の考察をしてゆきたいと思います。 ザラザイエル、ドランヴァロ、伊勢白山道、ジュセリーノ、半田広宣ほか多数。 未邦訳の書籍情報も。


第二特集「ハワイアン・スピリチュアルの真髄」


ホ・オポノポノをはじめとしたハワイの叡智やハワイのピリチュアルの人々を多数、紹介しています。