山田孝男

魂の遺産シリーズDVD

*お届けまで1ヶ月程お待ちいただく場合がございます。ご了承下さいませ。

山田孝男 Takao Yamada 1942-2003

 
1942年 弘前市で生まれる。 18歳の時の神秘体験をきっかけに、自己探求の道を歩む。19歳より スブド(SUBUD、インドネシア生まれの行法)による霊的習練を実践。 1961-70年 仙台の福来心理学研究所にて超心理学、神秘主義、ヨーガを研究。 TM(超越瞑想)を初めて日本で紹介する。教職を辞してインドに渡り ヒマラヤの麓、リシケシにあるスワミ・ヨーゲシュワラナンダの道場 にてラージャ・ヨーガを修行。1年2ヶ月にわたり、インド・ネパール にて霊的修行を実践。 1971-78年 71年帰国後、占星学の研究普及のための通信講座を開講する。78年、 『ほびっと村』にて占星学教室を開講。インド占星学を含む、本格的な 西洋占星学を教える。門下生の多くは現在も第一線にて活躍中。73年、 ピラミッドパワーの不思議と出会い、瞑想で得た超感覚的知覚能力に よって解明を試み、『ヒランヤ通信』と名づけたチャネリング情報から サイコトロニクス(精神工学)に関する貴重なヒントを与えられる。 これは瞑想教室門下生の出羽日出夫氏によって、ヒランヤという名前 で商品化された。 1978-89年 78年、アメリカ人のホセ・シルバ氏の開発した『シルバ・メソッド』 (SMC)の講師に就任。以降90年までに数千人の指導にあたる。80年、 魂の覚醒を目的とした、少人数制の『実践瞑想口座』を開講。 (これは後に、APGの集中瞑想講座に引き継がれた。) 同年、任意団体『まいんどまいんど八王子』を設立。SMCや瞑想を教え るかたわら、85年からは、故クリストファー・ヒルズ博士のスーパー センソニクス理論実技、器具の普及を始める。 88年、株式会社『MMエイト』を設立。「SF通信」「パイレイ」を発行。 1990-2003年 90年、富士山・山中湖にノエラ研究所を設立。意識変容とヒーリング に役立つ意識テクノロジーの更なる探求と製品の開発を継続。 94年『MMエイト』を辞任。それに伴い「パイレイ」「SF通信」廃刊。 96年、NEWS LETTER『SUN』を発刊。 (12月号よりAPGに引き継がれ、APG機関誌として30号まで刊行) 97年、APG(アセンション・プロジェクト 銀河の声)設立。代表に 選任される。21世紀の新しいヒーリング空間をめざす。 日本における瞑想指導の第一人者として、真実を求めるすべての人々に 自己探求の道を示し続けて来た。 2003年7月5日(土)午前2時22分、源に還る。 瞑想指導家 意識テクノロジー発明家 APG初代代表 日本サイ科学会理事 福来心理学研究所理事

『時間をはずした日』

価格4,526円


『時間をはずした日』講演DVD発売にあたって

 

1999年7月25日。 マヤ暦の、大晦日と元旦の間の一日に当たるこの日を、 「時間をはずした日・The Day Out Of Time」として祝うイベントが、アメリカのアグエイアス夫妻のよびかけのもとに世界各地で催されました。 マヤ暦の1年は、現在一般的に使われている太陽暦(グレゴ リオ暦)の7月26日に始まり、翌年の7月24日に終わります。7月25日は、どの月にも属さない、暦から自由な日とな ることから、「銀河の自由の日」とも呼ばれています。このDVDは、当日、山田がAPGピラミッドセンターで行った講演を録画・編集したものです。 時間とは何か? 未来はどのようにして創られるのか? そのからくりを知り、自分の望む未来を創るための心の使い方が、簡潔に語られています。ますますスピードの上がる現実世界の中で、ニュートラル な視点を失うことの多い今、先入観をはずし、本来の自由な 意識になって、とりまく世界を見るためのきっかけになってくれるものと思います。ご覧になった後、心が軽くなり、意識が拡大していることに気づかれるでしょう。 前半部、音声にお聞き苦しい点がございますが、講演内容 の重要性を考え、発売に踏み切りました。 どうぞご理解下さいますようお願い申し上げます。

『真実を求めるすべての人々に 平安と喜びが訪れますように』

山田麻以

▼購入はこちら▼

『21世紀 人類と地球のシナリオ』

価格4,629円


『21世紀 人類と地球のシナリオ』講演DVD発売にあたって

 

新春瞑想会は、その年の傾向を精神的・社会的な視点から予想し、参加者の願望実現と世界平和を祈るAPGの恒例イベントです。 このDVDに収録されている2001年の新春瞑想会は、21世 紀の始まりという大きな節目にあたり、1年という短いタームではなく、100年単位のスケールで人類と地球の未来についてさまざまな角度から語った、貴重な講演になりました。 あいかわらず不安要素の多い今の世の中、情報の渦の中で、私たちは未来に対する希望を失いがちです。私たちの思い、 想念こそ、人生や世界を創っていくための創造力であること を自覚し、何を思い、何を創造するかに注意を払い、責任を持つ。日常生活においても、自分の人生のみならず、人類の ために、地球のために、たくさんの良いことを思い、良い時 間を持つことが、21世紀を生きる「地球人」としての心構え であることを教えてくれています。 「人生にとって、世界にとって、人類にとって良いことを思う」 とは、いったいどういうことなのか…。 このDVDをご覧になった皆様に、それを発見していただ ければ嬉しいです。そして、地球や人類のために良い瞑想をしてくださる人が増えていくことこそが、山田の喜びである と思います。

『真実を求めるすべての人々に 平安と喜びが訪れますように』

山田麻以

▼購入はこちら▼

『瞑想三昧』

2枚組み 価格5,349円


『瞑想三昧』講演DVD発売にあたって

 

20世紀最大の覚者といわれるラマナ・マハリシ。 瞑想三昧は、ラマナ・マハリシの没後49周年の命日を記念して1999年に始まり、その後もAPGで毎年開催されている瞑想会です。 この映像は2000年4月14~16日の間に行われた講演と講座を収録したものです。 多くを語らず、沈黙で真理を伝えてきたことから、「沈黙の聖者」とも呼ばれているラマナ・マハリシは、「私はだれ か?」という公案のもとに、世界と人生を体験する主体である「私」を探求することが、真理探究の最短の道である と教えてきました。 20代のインド旅行の途中、初めて買った本でマハリシの 教えを知り、その後の彼の瞑想人生に大きな影響を与えたこ とは、山田自身、多くのセミナーで語ってきました。 また、後日、マハリシの存在を日本に紹介したことも広く知られています。 山田は常に、体験の重要性を説いていました。 「真理を学び、理解する」ことと「真理を体験し、知ること」 の違いを私たちに伝えてくれていました。 瞑想を進めるうちに、私たちの心は「真実」についてもある種のイメージや思い込みを持つことがあります。この講座で語られるセンテンスのひとつひとつが、迷いを払拭するための瞑想のテーマになるでしょう。映像や音声からは、在りし日の山田の姿を懐かしむだけでなく、温厚な笑顔の内に秘められた、偉大なグルとしての在り様を感じ取っていただけることと思います。 どうぞ繰り返しご覧になってください。そして一緒に瞑想なさってください。この映像は、真実を求め、真実と共に生きたいと望む、あなたのための講座です。山田は生涯に3度、南インドにあるラマナ・アシュラムと聖山アルナチャラを訪ねました。本編の最後に97年の映像を挿入させていただきました。アルナチャラの頂上に裸足で立つ彼の姿は感慨深いものがあります。文末ではありますが、ラマナ・マハリシの教えと、ラマナ協会の方々に心よりお礼申し上げます。

『真実を求めるすべての人々に平安と喜びが訪れますように』

山田麻以

▼購入はこちら▼

ベリサインセキュリティロゴ