『“わたし”が目覚める〜マスターが体験から語る悟りのお話〜』の著者

濱田 浩朱


 

京都在住の覚者、マスターこと濱田浩朱さんの
待望の書籍『“わたし”が目覚める』が発売!
12月に出版記念ワークショップを開催いたします!


『“わたし”が目覚める 〜マスターが体験から語る悟りのお話〜』出版記念!


【 マスターの「目覚め」ワークショップ 】 

 

 

 


マスターこと濱田浩朱さんからのメッセージ

 

「"わたし"が目覚める〜マスターが体験から語る悟りのお話〜」の著者、マスターこと濱田浩朱によるワークショップを開催します。

マスターは著書の中で、覚り(さとり)とは世の多くの人が信じているような、ごくひと握りの人に訪れる神秘体験ではなく、

誰もが行き着くことの出来る次のステージであり、

誰もの内に眠る偉大な潜在能力が目覚めることであり、

その人の本来の天才性が目覚めることだと、自らの体験を通して伝えています。

わたしたちの多くが、無意識の思い込みというプログラムにより、リミッターがかかった、

ひじょうに制限された人生を生きています。

そして人生はこんなものだと、思い込んでいるのです。

ですがそれはリミッターのかかった思考により作られている、思考のウソ、脳のトリックです。

目覚めとは、自らそのリミッターに気づき、思考のウソから目が覚めていくことです。

そしてあなたの内に眠る潜在能力が解放され、

あなた自身が本来受け取ることが出来る豊かさを、

揺らぐことのない安心と信頼の中で実現することです。

あるヨギの自叙伝のヨガナンダは、自己実現をしなさいという言葉を遺しました。

真理に目覚め、本来わたしたちの内にある豊かさを受け取る、

それはあなたの本来の権利であり、あなたの人生へのプレゼントです。

そしてそれが目覚めを生きることなのです。

 

【ワークショップ内容】

 

ソーターパンナへの第一歩

解脱への流れに入った者をソーターパンナと言います。

この流れに入った者は、いかなることが起きようと、
もはや解脱への流れを止めることは出来ないと言われます。

このワークショップはソーターパンナの道に入る第一歩です。

ワークショップでは釈迦が実践したと伝えられ、

マスターこと濱田浩朱自らが実践した、

覚りのための瞑想法アナパナ・サティと、

身体を通して真理に気づく体観の行を伝授します。

瞑想を通して、体観のワークを通して、自らの真理に気づく、鋭い感性を目覚めさせましょう。

 

ゼロマインド意識共鳴

ワークショップではマスターこと濱田浩朱が、

個人セッションで行っているゼロマインド意識共鳴を行います。

無我の静寂で平和な意識との共鳴の中での瞑想で、

目覚めへの繊細で鋭敏な感性を目覚めさせ、深めましょう。

 

本当の「わたし」を観る

思考で覚り(さとり)を得ることは出来ません。

かつて修行時代のマスターの師は、「考えは考えを生むことしか出来ない」と言いました。

「考え」は別の新しい「考え」しか、生み出すことが出来ないのです。

人は1日に2万〜20万もの考えをしているといいます。

考えを止めようとしても、完全に習慣化された、思考の連鎖を止めることは、

訓練なしにはひじょうに難しいものです。

考えが停止した、はじめからここにある意識そのものに気づくとき、
「わたし」が本当は誰なのかをはじめて垣間見ます。

マスターが個人セッションで行っているゼロマインド意識の共鳴を使った瞑想を通して、

その意識を垣間見ましょう。

それはあなたにとっての一瞥(いちべつ)の体験となるかもしれません。

 

「体観のワーク」

覚りを極めたヨギが、深い瞑想によるサマーディーの状態に入ったとき、
このヨギを調査したところ、視床下体からの脳内物質の分泌が発見されました。

わたしたちの思考や感情、こころの在り方は、実は全身に張り巡らされている神経、脳内物質、
つまり身体システムによって作り出されています。

身体とこころは、ひとつのシステムなのです

身体がこころを作り出し、こころが身体を作り出しているのです。

これまでわたしたちの多くが見逃してきましたが、目覚めへのプロセスも、身体を通して初めて可能なものなのです。

このことは達磨大師はじめ、多くの先達、覚者たちが明言しています。

ワークショップでは身体の感覚を通して気づきを得る、「体観(たいかん)ワーク」を伝授します。

このワークを行として習得され、自らの目覚めの術とされてください。

 

人生のメッセージを読み解く

人生に起こる大小のさまざまな出来事、そして日常の些細な出来事、
それらはすべてが、あなたが目覚めるためのメッセージです。

あなたの最近の日常の中で「こんなことがあった」、「こんな面白いことがあった」、

「なぜこんなことが起こったのかな?」というような出来事がきっとあることでしょう。

そのメッセージを、マスターとの質疑応答を通して、解き明かしていきましょう。

 

このことに関心のある方に

・深遠な知恵にアクセスし、 その叡智を自分の人生とこの世界に生かす

・現実を自分が作っていることを理解し、 自分も人も幸せにする、よりよい現実を創造する

・慈悲心や深い愛情が内から湧き出る

・独自の才能を覚醒させ、才能を通して自分も人も幸せになる

・人生の目的・自分の存在意義を知り、生き甲斐の中、その喜びを生きる

・誇り高く、気高く、満足ある人生を生きる

・気高い心、慈しみ、誠実さ、謙虚さが人生に溢れる

・自分はより大きなものの一部であることを実感する

・自分のなにげない日常でさえ世界に貢献となっている

・わたしとは本当は誰なのかを知る

 

※ このワークショップは、特定の成果を確約するものではありません。

成果は参加される方の参加の姿勢、そのときの受け取る器によって異なるものです。成果は自己責任であることをご理解の上、お申し込みください。

※ プログラムは参加者により多少変更する可能性がありますことを予めご了承ください。


*********************************************************



■日 時 :
2016年 12月10日(土) 11:00〜17:00 (受付10:40〜) 

※ 受付開始時間前の入室はできませんのでご了承下さい。
※ 終了時間は延長する場合がございます。


場 所 :  大橋会館 206会議室    ◇東急田園都市線「池尻大橋」駅東口から徒歩3分

参加費 :
20,000 

持ち物: 
筆記用具(ノートブック・ペンなど)、ご自身のお飲み物。


※当ワークショップの録音・録画はご遠慮下さい。

「お申し込み」  

※お申込はお一人様1通ずつでお願いいたします。


◆◇プロフィール  
 
 

濱田浩朱 Hiroake Hamada 京都生まれ

幼い頃から全ての本質はこれ以上ないほどシンプルなはずと感じ、また人は生涯を通して成長し、進化するものと感じていた。幼いある日、この世界が幻想であることを垣間見、強い虚無感と恐怖を感じ、潜在的にその夢から覚めたいという思いを抱く。サラリーマンを経験後、自己表現をする仕事をしたいと思い立ち東京へ。スポーツカーが大好きだったことから、自動車専門誌の編集部に飛び込み、ライティング、撮影、編集などの表現に関する技術と勘を身につける。90年代後半バーを経営、マスターとしてカウンターを通し、人間の心理や潜在意識、潜在能力に深い関心を抱くようになる。ふとした縁から出会った禅に惹かれ、そこから悟りという概念を知り、悟りに強く惹かれる。2010年、2015年に、あるきっかけから意識の真理に触れる経験をし、これまでの研究がより深まり、実践的なものへと変化する。現在は講演や対面でのセッション、ワークショップを通して、人の潜在的な可能性がひらかれることをサポートしている。バーのマスターだったことから、「マスター」の愛称で呼ばれる。

公式サイト
http://re-mauna.com/st/




★ 雑誌『Star People 51号』に覚醒対談 濱田浩朱さん×やまがみてるおさんの記事が掲載されています。
是非ご覧ください♪





トップページへ戻る