SYNC
(Synchrony Transduction)

シンクロニー・トランスダクション




シンクロニーとは、同時性の状態にあることをいいます。それは、「無限の今」と「無限の存在」の経験です。トランスダクションとは、一つのシステムから別のシステムへエネルギーを移すことを意味します。

マカバ・アイン・ソフは、この現実の物質層に浸透しつつあります。すべての極性は、崩壊しはじめています。惑星がゼロ・ポイントに向かうに従って、私たちの体には分極化されない光が押しよせてきています。溢れそそがれる「聖なる光」は、完全で無限のものです。今までとは違った新しい特質の光が、私たちにもたらされつつあるのです。

この次元においての私たちの体は、制限と限界の中にあります。体、とりわけ脳と神経システムは、分極化して機能することに慣れています。肉体は、無限性、神性、エクスタシーというものに対して抵抗する傾向を見せます。それは、そういう波動をどのように使ってよいかわからないからなのです。すべての体のシステムと物質そのものは今、分極化されない光の質に適応するための変異の過程を通過しているところです。脳と胸の中とまわりには、新しい回路が開発されてきています。新しいエーテル構造は、7つの体の位置をより深く統合できるように再構成しています。

シンクロニー・トランスダクションは、ロータス・ソード、ロータス・ブロッサム医療チームが様々なエロヒム、ゼ・オール・グループ、タク・グループと共に共同創造した新しいプログラムです。「無限の光」のすべての特質と波動の受容を促進し、変異の不快さをやわらげるようにデザインされています。ヘブンリー・マカバは、物質次元の意識内に急速に浸透しつつあります。ですから、ここに記載されている変異症状をまだ経験されていない方も、このトランスダクションのプログラムをお受けになられることをお勧めします。いつものように、これがあなたの次なる最高次のステップかどうかを、スピリットに相談して従って下さい。

クライアントは、セッションのあと3日間、コクーンで覆われるかたちになります。コクーンの中にある期間は、他者からエネルギー・ワークなどをお受けになられないようにお願いします。ご自身でエネルギーを流されることに関しては結構です。セッションのあとは、充分な水と睡眠を取って下さい。

以下、極性からシフトしようとしている体の症状の例です。

・疲労困憊、精神的圧倒

・不安、憂うつ

・回復力の欠乏

・手足のむくみ

・光が閃くのが見える

・「様相が変化する」ビジョンが見える

・「熱がゆらめく」のが見える

・白または灰色の霧が見える

・一時的な発熱、又は氷のような冷え

・決断できず堂々巡りをする

・分極した思考と感情

・平行現実の融合

・突然同時性に開ける

・突然読力を失う(失読症)

・突然話す能力、会話を理解する能力を失う

・突然全てから切り離されたように感じる

・睡眠と夢のサイクルの変化

・右側のこめかみに電気的なうずきを感じる

・頭蓋骨の付け根に電気的なうずきを感じる

・耳の後ろに圧力を感じる

・ブンブンと断続的な耳鳴りがする

・神経過敏に反応する

・体内細胞、分子が分離しているように感じる

・偏頭痛タイプの頭痛が脳の中心からはじまり、頭を一周して頭蓋骨の付け根に落ち着く



■SYNC
料金:30,000円
事前条件:HLI、SBI
セッション日:土 夜10時から翌朝6時の間 
エネルギーワークを控える日数:セッション後3日間




ザラザイエル遠隔セッション トップページへ